MENU

都心部の消費者金融の契約機は利用者が多い

消費者金融の無人契約機は一昔前に比べると減っており、利用者数も少なくなっているイメージがあります。たしかに総量規制などの関係で消費者金融自体の利用者が減ってしまったために契約機の利用者も少なくなりましたが、それでも一定数の契約機の需要はあります。

 

特に都心部などの人の出入りが激しい地域では契約機の利用者も多く、基本的に各コーナーに一台の設置となっている契約機は、場所によっては使用中となっていて使えない場合もあるほどです。そのため、契約機を利用する際には人の流れが多い地域であれば、いくつかの候補を持っておくと安心です。

 

契約機の場所を一箇所しか調べていないと、その場所が使用中だった場合にどこかで待たなければなりません。基本的に契約機での待ちは難しいため、他の場所で時間を潰して頃合を見て再び契約機まで行き、手続きを進めるといった流れになります。

 

しかし、同じことを考えている方が他にもいれば、契約機がなかなか使えないといった状況にも陥りがちです。そうなると契約手続きがどんどん遅くなってしまい、契約が遅れればその日のうちの借り入れが利用できなくなる可能性すらあります。早めに借りたいときにはこの状況は致命的であるため、契約機はいくつかの候補を挙げておくと良いのです。

 

そのためにはまずは利用する地域の契約機情報を調べましょう。大手消費者金融のプロミスなどであれば契約機も数多く設置しており、人の流れが多く契約機の利用者も多い蒲田のプロミスでは、いくつもの多くの場所で手続きが行えるようになっています。予め調べておけば契約もスムーズに進められるため、早い借り入れも可能となるのです。