MENU

大きな金額を借りるなら契約限度額の増額に期待する

銀行であれば初回でもある程度の金額が借りられる可能性がありますが、消費者金融の場合には初回でいきなり大きな金額を借りるのは難しいです。大きな金額を借りるとなると利用実績を積んだ後の増額となり、限度額が増額されてまとまった金額を借りるといった流れが自然です。

 

限度額の増額は単純に借りられる金額が大きくなるため、その分だけ追加での審査が必要となります。増額する分を貸したとしても返済がしっかりとできるのか、当初の契約時と比べて他社の利用状況はどうなっているのかなどを再び調べ、増額の可否を決める審査を行います。

 

その結果、現状の金額までであれば貸せるものの、さらに大きな金額となると難しいと判断されると増額審査には通らない結果となります。ただ、増額審査に落ちたからといってそれまでの利用が制限されるわけではないので、今の利用限度額のままであれば引き続き借り入れが可能です。

 

限度額の増額が可能と判断されて増額審査に通ると、より大きな金額での契約となります。その際には収入を証明する書類の提出が必要となる場合もあるため、事前にどのような書類が必要かを増額申請時にあわせて確認をしておくと無駄がありません。

 

これは消費者金融だけに限らず銀行カードローンでの増額も同様で、借り入れ先問わずに増額を行うとするなら一定期間の利用実績と、増額のための審査が必要となるのは共通しています。

 

ただ、増額審査の進め方は借り入れ先によって異なる場合があるので、不安に感じる方はまずは問い合わせてみると良いでしょう。